阿蘇の風物詩

2009年8月18日 (火)

高森風鎮祭・造り物2009

Tukurimon16

高森町風鎮祭・造り物2009は15基が展示された。夕方には審査が行われ発表される。

Dsc_2701

風鎮祭2009審査結果

特賞 ペガサス 上町一二三四九

金賞 一席 風鎮孔雀 旭通下組

金賞 二席 肥後の赤牛 昭和六組

金賞 三席 平成の鯱 旭通中組

Tukurimon1

Tukurimon2

Tukurimon3

Tukurimon4

Tukurimon5

Tukurimon6_2 

Tukurimon7

Tukurimon8

Tukurimon9

Tukurimon10

Tukurimon11_2

Tukurimon12

Tukurimon13

Tukurimon14

Tukurimon15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

収穫の秋

Dsc_9361

阿蘇では早くも稲刈りのシーズンである。阿蘇は標高が高いので平地よりも田植えが早いので収穫も早い。今年は台風もなく夏、日照りが続いたので豊作だそうだ。

Dsc_9352

彼岸花が咲き始めた。16日の絵画教室での画題にしよう。

Dsc_9357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

阿蘇の虎舞

Dsc_9175

阿蘇市小倉に伝わる虎舞用篠笛は昔こういう形で使われていたのだろうか。残っている篠笛から推測して復元してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

風鎮祭・造り物・2008

    Dsc_9023

阿蘇高森町・風鎮祭の造り物2008の成績が決まった。南阿蘇高森町では風を鎮め五穀豊穣を願う風鎮祭りが毎年8月17・18日に開催される。日用品を利用して作る「造り物」が見どころで各町内会で作った「造り物」が街角に展示され出来栄えを競う。

Dsc_9040

下町二組「レッサーパンダ・風鎮くん」特賞

Dsc_9025

旭通下組「ミサゴ」特賞

Dsc_9046

旭通中組「聖火を持つテラノサウルス」金賞一席

Dsc_9028

昭和六組「俵の大ねずみ」金賞二席

Dsc_9044

昭和七組「ゴジラ」銀賞二席

Dsc_9055

上町一・二・三・四・九組「ごすワクド」銀賞三席

Dsc_9050_3

旭通上組「熊本の赤牛」銀賞四席

Dsc_9035_2

下町サッカークラブ「鯱」銅賞一席

Dsc_9042

下町向上会「木吝」銅賞三席

Dsc_9052_3

上町カーニバルズ「ヤッターワン」奨励賞三席・・・・などなど

Dsc_9105

Dsc_9073

Dsc_9128

Dsc_9127

午後8時からの打ち上げ花火の後も夜遅くまで「にわか」などが演じられにぎわった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

高森阿蘇神社・夏祭り

Dsc_8781

高森町・南外輪山のふもとに高森阿蘇神社がある。外輪山の中腹に早咲きの桜の大木があり「豊年桜」と呼ばれていて、毎年3月中~下旬に開花するのでひときわ目立つ。桜のシーズン外には日の丸が揚がっていて「豊年桜」の位置を確かめることができる。

毎年7月30日は、高森阿蘇神社の夏祭りで、太鼓を先頭に2基の神輿と飾り馬が旧市街を1日かけて巡回する。

Dsc_8783

町内の辻では、無病息災を願い、お賽銭を上げて神輿をくぐるのが習わしである。

Dsc_8746

Dsc_8748

Dsc_8786

今年は4頭の飾り馬が町内を練り歩いた。昨年生まれたと思われる仔馬が親馬と一緒に練り歩いた。親馬は大きな馬で足も太く立派だ。仔馬もまだ産毛だが足が太く大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

棚田

Dsc_8292

阿蘇地方の棚田では田植えも終わり、これからが1年で最も過ごしやすいベストシーズンを迎えます。山にはミヤマキリシマ、野にはハナシノブやツクシマツモトが咲き乱れ、野焼きの後の草原では新しく眼をふいたクララにオオルリシジミが産卵し幼虫はクララの葉を食べて孵化します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

開花

Umekaika

このところ篠笛つくりで忙しく毎日夜遅くまで残業している。おとといは徹夜したが暖かくて楽だった。今朝は少し寒かったが、昨日・一昨日は暖かくて我が家の庭の梅も一気に開花した。後ろの山は南外輪山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

阿蘇の野焼き

Dsc_7416

高森町上色見の根子岳のふもとに前原(まえばる)という集落がある。前原から日の尾峠越えで阿蘇一の宮に抜ける林道があり、峠の手前に鍋の平らがあり肥後赤牛の放牧場になっていて、キャンプ場もあり高森町の観光スポットになっている。

Dsc_7410

今日は前原地区の野焼きが行われ早朝から集落の人たちが総出で準備して8時頃火が付けられた。あいにくの天気で今年の野焼きは勢いよく燃え上がらず野焼きのスタッフは苦労していた。

Dsc_7397 

阿蘇地方は独特の地形で各地に草原があり赤牛の放牧場となっている。草原には阿蘇地方にしかない貴重な野草や昆虫が生息している。ヒゴタイ・ハナシノブ・ツクシマツモト・ヤツシロソウは高森町の4花に指定されていて、ハナシノブなどは高森町でしか確認されていない貴重な野草である。初夏ヒメユリなどの野草も牧草地に咲き乱れる。

牧草地は古い時代から人の手によって管理されてきた。適度に人の手が入ることで豊かな草原を維持してきた。春先に野焼きを行うことで牧草地に命を吹き込み草原の多様性を保ってきた。阿蘇地方でも年々野焼きが行われなくなった草原もあり荒れ果てた草原もふえてきた。

野焼きが行われなくなった草原では、萱などの背の高い強い野草がはびこって、ヒメユリなどの弱い野草が育ちにくくなり草原の多様性が損なわれ、オオルリシジミなどの貴重な蝶も繁殖できなくなるのだそうだ。オオルリシジミは野焼きが行われた草原に新芽を出すクララに卵を生み、幼虫はクララの葉を食べて蝶になる。現在では南阿蘇の限られた草原でしかオオルリシジミは確認できなくなった。

野焼きをすることで阿蘇草原の弱い野草も強い野草も平等に生き残れるチャンスを与えているのだ。

今日はあいにくの雨で勢いよく燃え上がらなかったが、野焼のあとひと雨ごとに野草の新しい目が出て、美しい阿蘇の草原がよみがえる。

Dsc_7421

| | コメント (0) | トラックバック (0)