« 古典調・六孔神楽笛 | トップページ | 月見島渡船・かかり釣り »

2011年12月17日 (土)

月見島渡船

P1000996_2

大分県臼杵市大泊漁港前のイトウストアーの若旦那さんが、3年前から臼杵湾に浮かぶ津久見島周辺でかかり釣りの遊漁船を営業している。

津久見島周辺の海にはマダイやアジが居着くいい瀬があり、良好な漁場となっている。夏場のシーズンには大勢の釣り客が訪れるそうで、大鯛もよくあがるとのことだ。

先週と今週二週つづけて月見島渡船の曳舟でかかり釣りをたのしんだ。あいにく先週も今週も風が強くとても寒かったので苦戦したが、養殖筏に係留するかかり釣りとは違い、アンカーを打ってのかかり釣りなので、本格的な釣りを楽しむことができた。

P1000992

巻き網船に小舟をつないで引いて行き、釣りポイントにアンカーを打ってのかかり釣りである。適度に水深もあり潮通しも良さそうなので、浮き流しでの釣りを楽しむことができた。


P1010007_2

釣果はいまいちだったが、臼杵湾には養殖いけすがないので、正真正銘の天然のマダイである。

月見島観光開発(月見島渡船)ホームページ

http://www.us.oct-net.jp/~tu_ki_mi/index.html








|

« 古典調・六孔神楽笛 | トップページ | 月見島渡船・かかり釣り »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月見島渡船:

« 古典調・六孔神楽笛 | トップページ | 月見島渡船・かかり釣り »