« 遠方からの友 | トップページ | 妻の恩師 »

2011年10月19日 (水)

岡城址

Dsc_6869_2

荒城の月

土井晩翠作詞、瀧 廉太郎(滝 廉太郎)作曲

春高楼(こうろう)の 花の宴(えん)
巡る盃(さかづき) 影さして
千代の松が枝(え) 分け出でし
昔の光 今いずこ

秋陣営の霜の色
鳴きゆく雁(かり)の数見せて
植うる剣(つるぎ)に照り沿いし
昔の光 今いずこ

今荒城の 夜半(よわ)の月
変わらぬ光 誰(た)がためぞ
垣に残るは ただ葛(かずら)
松に歌う(うとう)は ただ嵐

天上影は 変わらねど
栄枯(えいこ)は移る 世の姿
映さんとてか 今も尚
ああ荒城の夜半の月

Swsca111n00015bmp

Swsca111n00014bmp

Dsc_6857_2

Dsc_6883_4


Dsc_6885_2
僕が東京から高森に引っ越したのは5年前のこと。高森に来てバンブーペンや篠笛を作り始めました。東京に住んでいた頃の友人7名が高森に来てくださいました。5年たっても覚えてくれていてありがとうございます。連日一人ではしゃいで、お酒もたくさん飲みました。
Dsc_4071s
Dsc_4100s
南阿蘇鉄道トロッコ列車
Rakansan8
Rakan14
穿戸羅漢山

|

« 遠方からの友 | トップページ | 妻の恩師 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214843/53028646

この記事へのトラックバック一覧です: 岡城址:

« 遠方からの友 | トップページ | 妻の恩師 »