« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月24日 (月)

秋の壺まつり・篠笛演奏

Tubomaturi1


Tubomaturi2


Tubomaturi3

2011年10月22日~23日。防府市で第61回秋の壺まつりが開催された。22日は大雨の予報だったが、雨は降らず大勢のお客様が来てくださいました。

アルカイック工房では篠笛をお買い上げくださいましたお客様に演奏していただいた、動画をユーチューブにアップしました。

光市から来てくださいました<M>さん。篠笛の演奏を初めて1年半ですが、音楽の感性が豊かで、よく練習されていて篠笛の演奏も上達したようです。

壺まつりの会場で、アルカイック工房のお手伝いに行ってくださいました、菊池市の<M>さんと共演していただきました。

下松の太鼓同好会で篠笛を演奏されている お客様が、アルカイック工房の「まこぶえ」お買い上げくださいました。演奏をお願いして撮影した動画をユーチューブにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

第61回秋の壺まつり

Swsca111n00019bmp

Swsca111n00018bmp

2011年10月22/23日 防府市末田で第61回秋の「壺まつり」が開催されます。

アルカイック工房はバンブーペン・篠笛の販売に出展しますので、お誘い合わせの上遊びに来てください。下の会場での販売となります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

妻の恩師

Swsca111n00016bmp

妻は昭和36年度高森中学校を卒業した。今月下旬に同窓会が予定されていて、恩師の「N先生」から頼りが届いた。「N]先生は定年後脳梗塞を患われて、その後遺症で右手が動かなくなり文字を書くことも容易ではなかったが、その後のリハビリで、絵手紙を描けるようにまで回復された。

今回の同窓会にも出席されるそうで、妻は楽しみに待っている。


36sotugyou1

旧高森中学校

昔は高森町も人口が多く子供もたくさんいたのですね。


36sotugyou


36sotugyou2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡城址

Dsc_6869_2

荒城の月

土井晩翠作詞、瀧 廉太郎(滝 廉太郎)作曲

春高楼(こうろう)の 花の宴(えん)
巡る盃(さかづき) 影さして
千代の松が枝(え) 分け出でし
昔の光 今いずこ

秋陣営の霜の色
鳴きゆく雁(かり)の数見せて
植うる剣(つるぎ)に照り沿いし
昔の光 今いずこ

今荒城の 夜半(よわ)の月
変わらぬ光 誰(た)がためぞ
垣に残るは ただ葛(かずら)
松に歌う(うとう)は ただ嵐

天上影は 変わらねど
栄枯(えいこ)は移る 世の姿
映さんとてか 今も尚
ああ荒城の夜半の月

Swsca111n00015bmp

Swsca111n00014bmp

Dsc_6857_2

Dsc_6883_4


Dsc_6885_2
僕が東京から高森に引っ越したのは5年前のこと。高森に来てバンブーペンや篠笛を作り始めました。東京に住んでいた頃の友人7名が高森に来てくださいました。5年たっても覚えてくれていてありがとうございます。連日一人ではしゃいで、お酒もたくさん飲みました。
Dsc_4071s
Dsc_4100s
南阿蘇鉄道トロッコ列車
Rakansan8
Rakan14
穿戸羅漢山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

遠方からの友

Dsc_1843

昨日、東京から総勢7名でアルカイック工房を視察に来てくださいました。遠方からの懐かしい友との再会で昨夜はけっこう飲みました。


Dsc_1906


Dsc_6688


Dsc_6696


Dsc_67111

今朝は、高千穂の国見ヶ丘に雲海を撮影に行く予定でしたが、皆さんお疲れのようで、朝はぐっすりと休んでおられたようです。

早朝、清栄山にのぼって祖母山からのご来光を撮影しました。

高千穂方面は、少し雲海が出ていました。


Dsc_6713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

続・八坂神社・神楽

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

八坂神社・神楽

Dsc_6358

南阿蘇村久木野久石に四季の森温泉がある。温泉近くの白川沿いに八坂神社があり、今夜、秋の例祭で神楽が奉納された。


Dsc_6367

八坂神社のある一帯を地元の人は「祇園」といっているが、南阿蘇村には祇園という地名はない。


Dsc_6373

八坂神社岩戸神楽は、戦前までは三十三座の神楽が舞われていたそうで、「夜通しの神楽」となるため「夜渡(よど)神楽」と呼ばれていたそうです。

戦中から「舞子不在」となり、戦後は多くの舞の伝承が途絶えて、現在では十三座だけが舞い次がれているそうです。

八坂神社の拝殿および神殿は比較的新しい建物だが、拝殿の梁や飾り棟などは古い時代のものが再利用されているため、昔の優れた彫り物などが残されていて、歴史を感じさせる神社となっている。


Dsc_6381

四座 神降ろし


Dsc_6398


Dsc_6468

十二座 戸取り


Dsc_6476


Dsc_6479

剣舞い 九~十一座


Dsc_6491


Dsc_6531


Dsc_6543


Dsc_6551


Dsc_6584


Dsc_6596


Dsc_6622

十三座 舞い開き


Dsc_6630


Dsc_6631


Dsc_6644

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »