« 唄もの六本調子・リコーダー式篠笛 | トップページ | 竹ペン・籐巻 »

2009年9月15日 (火)

天草・鬼池・民宿光浜荘・鯛カブラ

Amakusa1

アルカイック工房では、、今月は月初めから忙しく過ごしていたが昨日熊本市内にBAMBOO PENを納品してその足で天草に行った。天草は隠れキリシタンで有名な土地で現在でも各地に大規模な天主堂が残っている。現在の大江天主堂はフランス人宣教師ガニエル神父が私費を投じて昭和8年に完成させたのだそうだ。

Amakusa2

25年ほど前に来たことがあるが周りの景色はほとんど変わっていなかった。

天主堂近くにある墓地の墓石も十字架が刻まれていた。

Amakusa3

Amakusa4

大江天主堂をみて、高浜の白鶴浜海岸に行った。海水浴シーズンも終わり人気のない大きな砂浜はひっそりとしていた。下田漁港で防波堤から魚釣りをして、鬼池港の民宿光浜荘に立ち寄った。

鬼池港は島原からのフェリーが発着する港で、フェリーターミナルの前に民宿光浜荘がある。2年前から宮崎央さんが鯛カブラ釣りの遊漁船を営んでいる。

民宿光浜荘 電話           0969-32-0034       

釣り船・ルスプラジャー船長 携帯           090-2514-8126       

携帯ホームページ<http://luzplaya.mobee.jp/> 

Amakusa7

Amakusa5

天草陶石を産出する天草では各地に窯元があり陶磁器の産地でもある。船長の妹さんが陶芸教室に通っていて、教室で作ったのが写真の「大漁タヌキ」なのだそうだ。鯛カブラの竿を持ったユーモラスな作品で、お兄ちゃんの釣り船の大漁を願って作ったそうだ。

天草の鯛カブラはこれからが本番を迎える。水温が下がり海が安定する10下旬頃から1月中旬頃まで大物のマダイがたくさん釣れることでしょう。

|

« 唄もの六本調子・リコーダー式篠笛 | トップページ | 竹ペン・籐巻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天草・鬼池・民宿光浜荘・鯛カブラ:

« 唄もの六本調子・リコーダー式篠笛 | トップページ | 竹ペン・籐巻 »