« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月20日 (日)

萌の里・西原村

Moe2

Moe1

俵山のふもと、西原村にある道の駅「萌の里」では今コスモスが満開だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

竹ペン・籐巻

Bpen1

アルカイック工房の新しいタイプのBAMBOO PEN R (染め煤竹)

ペン先がラッキョウヤダケ、軸が染め煤竹(真竹)

ラッキョウヤダケは希少な竹で40年ほど前に水戸の庭園で発見されたそうで、ヤダケの変種なのだそうだ。自然界に自生していないので安定して購入することはむつかしい。

ラッキョウヤダケは名のごとく節下がラッキョウの形にふくらんでいてBAMBOO PEN のペン先に削ると書きやすい竹ペンができる。究極の竹ペンである。軸に籐を巻いて軸の補強と書きやすさを追求しました。

Bpen4

ペン先がラッキョウヤダケ、軸が紋支那竹

BAMMBOO PEN R (紋支那竹)

Bpen3

ペン先が紋支那竹、軸が晒し真竹

BAMBOO PEN R (晒し真竹)

紋支那竹は肉厚でよく乾燥していて堅い竹です。紋支那竹で作ったペン先は書き味もよく竹が堅いのですり減りにくく長持ちします。

Bpen2

ペン先がヤダケ、軸が黒竹

BAMBOO PEN R (黒竹)

阿蘇矢竹は良質の竹でペン先が節の堅いところで作っていますので書きやすい竹ペンが出来ます。黒竹は淡竹の仲間でBAMBOO PEN のペン先を作るのには不向きですが、軸として使うと見栄えも良く淡竹の仲間で軽いのが特徴でしょう。

Bpen5

ペン先軸ともに阿蘇矢竹

BAMBOO PEN R (阿蘇矢竹)

ペン先軸とも阿蘇矢竹を使い、軸は阿蘇矢竹を染めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

天草・鬼池・民宿光浜荘・鯛カブラ

Amakusa1

アルカイック工房では、、今月は月初めから忙しく過ごしていたが昨日熊本市内にBAMBOO PENを納品してその足で天草に行った。天草は隠れキリシタンで有名な土地で現在でも各地に大規模な天主堂が残っている。現在の大江天主堂はフランス人宣教師ガニエル神父が私費を投じて昭和8年に完成させたのだそうだ。

Amakusa2

25年ほど前に来たことがあるが周りの景色はほとんど変わっていなかった。

天主堂近くにある墓地の墓石も十字架が刻まれていた。

Amakusa3

Amakusa4

大江天主堂をみて、高浜の白鶴浜海岸に行った。海水浴シーズンも終わり人気のない大きな砂浜はひっそりとしていた。下田漁港で防波堤から魚釣りをして、鬼池港の民宿光浜荘に立ち寄った。

鬼池港は島原からのフェリーが発着する港で、フェリーターミナルの前に民宿光浜荘がある。2年前から宮崎央さんが鯛カブラ釣りの遊漁船を営んでいる。

民宿光浜荘 電話           0969-32-0034       

釣り船・ルスプラジャー船長 携帯           090-2514-8126       

携帯ホームページ<http://luzplaya.mobee.jp/> 

Amakusa7

Amakusa5

天草陶石を産出する天草では各地に窯元があり陶磁器の産地でもある。船長の妹さんが陶芸教室に通っていて、教室で作ったのが写真の「大漁タヌキ」なのだそうだ。鯛カブラの竿を持ったユーモラスな作品で、お兄ちゃんの釣り船の大漁を願って作ったそうだ。

天草の鯛カブラはこれからが本番を迎える。水温が下がり海が安定する10下旬頃から1月中旬頃まで大物のマダイがたくさん釣れることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

唄もの六本調子・リコーダー式篠笛

Dsc_2891

山梨県大月市の阿波踊りの団体「菊花連」様からリコーダー式・六本調子篠笛の注文をいただき今日できあがった。

菊花連のホームページ

http://www14.ocn.ne.jp:80/~kikkaren/index.html

写真の上から3本が六本調子リコーダー式篠笛・普通の六本調子篠笛・獅子田「六」リコーダー式祭囃子篠笛

菊花連では25年ほど前に獅子田・祭囃子六本調子リコーダー式篠笛を購入し現在も使っているとのことです。現在では標準の唄もの六本調子篠笛を使うので獅子田の笛と音階が合わなかったとのことでアルカイック工房のリコーダー式篠笛のご注文をいただきました。獅子田の笛は表記が1本ずれていて「六」と表記がある笛は唄もの・七本調子に相当するようです。

リコーダー式篠笛は低音域が鳴りにくいので管尻に響き穴をつけて低音域の音色が整うように工夫しました。

Dsc_2901

アルカイック工房で作っているリコーダー式篠笛の歌口の拡大写真

Dsc_2898

獅子田のリコーダー式篠笛の歌口拡大写真

獅子田ではリコーダーの歌口が目立たないように斜め裏側につけられている。

アルカイック工房でも今回発注者の希望で斜め裏側に歌口をつけて目立たないようにしました。リコーダー式篠笛では演奏中に水滴が歌口にたまって笛の鳴りが悪くなる場合があります。歌口を斜め裏側につけることによりたまった水滴が落ちやすくなり鳴りが悪くなることがなくなるのではと期待しています。

アルカイック工房ではリコーダー式篠笛を篠笛の代用品とは考えていません。リコーダーでもなく篠笛でもない新しいジャンルの楽器だと考えています。音色もリコーダーと篠笛の中間の感じです。初心者にも演奏しやすいリコーダー式篠笛です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

BAMBOO PEN

Dsc_2874

万年筆ふうのBAMBOO PENを試作しました。

上から、ペン先がラッキョウヤダケ・軸が紋支那竹

ラッキョウヤダケ・染め矢竹

紋支那竹・矢竹

矢竹・紋支那竹

持ちやすさと飾りに籐を巻きました。

ラッキョウヤダケは書きやすいBAMBOO PENを作ることが出来ます。軸が短いのでペン先だけラッキョウヤダケで作って軸は紋支那竹や矢竹で造りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

矢部 八朔祭 2009

Hasaku12

矢部といえば通潤橋と八朔祭の「大造り物」

今年の造り物はできがいい。

Hasaku7

Hasaku8

Hasaku9

Hasaku6

Hasaku5

Hasaku4

Hasaku3

Hasaku2

Hasaku1

Hasaku11

Hasaku10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »