« 阿蘇の野の花と蝶 | トップページ | 根子岳・ミヤマキリシマ »

2008年5月25日 (日)

ヤツシロソウ

Dsc_8343

Dsc_8350 ヤツシロソウ(八代草) は、夏に、桔梗や竜胆に似た花が茎頂や上部葉腋に多数集合して上向きに咲くキキョウ科ホタルブクロ属の落葉多年草です。茎は直立し、葉は広被針形をしており、花は先端が5裂した鐘形をしています。花花名のヤツシロソウ(八代草)とは、熊本県八代市に自生することに因んでいます。ヤツシロソウ(八代草)の生息地の環境悪化で、環境省レッドデータブックで絶滅危惧B類に指定されています。

ハナシノブ・ツクシマツモト・ヒゴタイ・ヤツシロソウは高森町の4花に指定されていて、自宅の庭にいち早くヤツシロソウが開花した。

今年のヤツシロソウは.去年よりきれいに咲いた。6月になると自宅の庭には、ツクシマツモト・ハナシノブも開花する。植えたわけではないがどこからか種が飛んできて自然に根付いたらしい。

次回の絵画教室のモチーフになるかも。

|

« 阿蘇の野の花と蝶 | トップページ | 根子岳・ミヤマキリシマ »

阿蘇の野の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤツシロソウ:

« 阿蘇の野の花と蝶 | トップページ | 根子岳・ミヤマキリシマ »