« 高森町千本桜開花状況 | トップページ | 南阿蘇高森・千本桜は見ごろを迎えた »

2008年4月 9日 (水)

リコーダー式篠笛

Shinobue1

リコーダー式(色見笛)八本調子・六孔・古典調篠笛、六孔古典調は神楽や祭りばやしの演奏に使われる。民謡などを演奏するのはちょっと難しい。古民謡、さくらさくらや君が代などは古典調でも演奏できる。

Sinobue2_2

上がリコーダー式(色見笛)六本調子(B♭)・七孔・唄もの篠笛

下が八本調子(C)・七孔・唄もの篠笛

民謡や童謡を演奏するには、七孔唄もの調子篠笛が必要である。七孔唄もの篠笛はドレミ階調で、指孔を全部ふさぐとラで始まり全部開いてシである。呂音・甲音・大甲音の3オクターブ出るが、大甲音で演奏するのは難しいので普通は呂・甲の2オクターブで演奏する。

リコーダー式篠笛(色見笛)は普通の篠笛と違い、リコーダーの歌口をつけてあるので初めて篠笛を演奏する人にも吹きやすく作ってある。音色は普通の篠笛と比べると少し劣るが誰でも簡単に演奏することができるので、神楽保存会や篠笛愛好家の初心者の練習用篠笛として最適である。息の吹き込み方を練習すると本番でも十分演奏できる。

アルカイック工房の篠笛は両糸巻き・カシュー仕上げでリコーダー式・本管ともに一管5,000円で販売しています。調子は古典調・唄ものともに八本調子~六本調子です。それ以上長いものは材料の関係で少し高くなります。

お問い合わせは、阿蘇フォークスクール

電話 0967-62-0027

ホームページ<http://asofolkschool.eco.to/

|

« 高森町千本桜開花状況 | トップページ | 南阿蘇高森・千本桜は見ごろを迎えた »

アルカイック工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコーダー式篠笛:

« 高森町千本桜開花状況 | トップページ | 南阿蘇高森・千本桜は見ごろを迎えた »