« 蒲江の遊漁船・第十八吉栄丸・ブリ釣り | トップページ | ペーパークラフト教室 »

2008年3月22日 (土)

元上色見小学校の歴史

上色見小学校は、阿蘇の根子岳を背景にしたロケーションも素晴らしい。雄大な風景を目にしながら多くの子供たちが育っていった。そもそもは明治22年(1889)12月、4つの学問所を合併して上色見簡易学校として中原に開校し、翌23年(1890)4月に上色見小学校と改称して創立。明治43年(1910)に現在地に移転し、昭和26年(1951)3月に現校舎が新築された。しかし過疎化と少子化の波が押し寄せ、平成15年(2003)3月、統廃合によって113年の歴史に幕を下ろした。

Mokuzoukokusya1

築52年の木造校舎を残そうと、地元卒業生が中心となり「あの木造校舎を残して、体験学習の拠点にしよう。」という話になり、子供だけではなく大人も含めて生涯学習の場とする。きちんと運営するために、平成16年(2004)6月、NPOの認証を受けた。

英語の”フォークスクール”は、もともとデンマークの”フォルケホイスコーレ”に由来し、日本語では”民衆大学”と訳される。アメリカには大規模なフォークスクールがあり全米から訪れる人で絶えず賑わっているとか。

Mokuzoukousya2

上色見小学校を拠点にし工芸活動を中心に農業体験などを交え地域住民・ひいては世界に発信しようと、2004年10月・開校と同時に第1回阿蘇クラフトフェアを開催し公表を博した。その後クラフトフェアは、毎年体育の日を挟んだ土・日・月の3日間開催され昨年の第4回阿蘇アート&クラフトフェアは九州一円から71名の工芸家が集い、開催期間中延べ5,000人もの来場者を迎えクラフトフェアもこの地に定着した感がある。

元上色見小学校の校庭の片隅には小学校が廃校になったあかしの記念碑がある。記念碑の一部を拓本にとって看板にした。

Mokuzoukousya3_2

フォークスクール開校当初からの念願であった木造校舎の譲渡の件について、昨年度一定の前進があった。2007年6月の高森町議会で、条件付きながら元上色見小学校の木造校舎をNPO法人阿蘇フォークスクールに無償譲渡する議案が可決され決定しました。いまや阿蘇フォークスクールは阿蘇地方ではちょっとしたブランドで、ロケーションの良さから各テレビ局からの撮影依頼やドラマのロケなどにも時々使ってもらえるようになりました。

阿蘇フォークスクールがさらなる飛躍を遂げ発展し、地域住民や会員さんとのコミュニケーションがより深まるように、ただいまホームページを刷新しています。校正も最終段階を迎え4月1日から現在のURLのまま登場する予定です。

新しいホームページURL(仮)

http://asofolkschool.shisyou.com/> 

|

« 蒲江の遊漁船・第十八吉栄丸・ブリ釣り | トップページ | ペーパークラフト教室 »

阿蘇フォークスクール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元上色見小学校の歴史:

» 学習・自己啓発情報商材−2008.3.22集計ランキング更新☆ [学習・自己啓発部門-情報商材・評価ランキング10☆]
学習・自己啓発ダウンロード販売情報商材の2008.3.22集計ランキング◇◆◇◆◇ [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 12時59分

« 蒲江の遊漁船・第十八吉栄丸・ブリ釣り | トップページ | ペーパークラフト教室 »