« 暖・クロストーク冬の集い | トップページ | 鬼火焚き開催のお知らせ »

2007年12月20日 (木)

続・暖 クロストーク冬の集い

Oomichika1

昨日、薪ストーブに使う薪をもらうためフォークスクールの理事長・山田さんと二人で旭志村へ行った帰り、菊陽町のギャラリー・クロストークに行った。

阿蘇フォークスクールに常駐する陶芸家・大海智賀さんと、メタルアクセサリーのクラフト作家で阿蘇フォークスクールの体験教室の講師を勤める、池邊智佳子さんが来場者の接待に追われていました。グループ展開催初日にもかかわらず切れ目なくお客様があったそうで僕たちが行ったのが午後4時にもかかわらず来場者があり品定めをしている様子でした。

大海智賀さんはアメリカで陶芸を学んだそうで、その作品は落ち着いたドッシリした感じの重量感のある作風です。メタルアクセサリーの池部智佳子さんの作品のなかで、素材にすす竹を使ったかんざしが僕の目を引きました。かんざしといえばべっ甲で作られたものを思い浮かべるが、現在ではべっ甲を使うことはできません。真鍮で造られたものが多い中、素朴でどこかぬくもりがあり気品に満ちたすす竹の味わいと、さりげなく飾られたメタルが上品な感じに仕上げられていて好感が持てました。かずらのクラフト作家・太田尚美さんの作品は良く吟味された素材を細心の注意を払い、丁寧な仕事で仕上げられていて、一見して見事なできばえでした。かずら工芸といえば地味な印象が強かったが、作家の行き届いた感性で地味ななかにも艶のあるしっとりした趣の作品に惚れ惚れと見入ってしまいました。

来週にはうちの奥さんと一緒に見に行く予定で、購入したい作品はすでに品定めしてきました。

Oomichika2

ギャラリー「クロストーク L&E」

〒869-1101 熊本県菊池郡菊陽町津久礼160-7

TEL 096-232-6705

オーナー:逸見芙美子

|

« 暖・クロストーク冬の集い | トップページ | 鬼火焚き開催のお知らせ »

阿蘇フォークスクール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・暖 クロストーク冬の集い:

« 暖・クロストーク冬の集い | トップページ | 鬼火焚き開催のお知らせ »