« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月26日 (水)

小鳥笛

Kotoribue2

阿蘇フォークスクールで開催される、第4回・阿蘇アート&クラフトフェアまであと10日である。昨日、出店者の打ち合わせ会議があり、僕も「アルカイック工房」で出店を申し込んだ。メーンは竹細工(小鳥笛・竹ペン・葦ペン・一輪挿し・ペンたてなど)と、似顔絵・絵葉書で出店する予定である。

竹ペンは、昔かなり研究したので僕の作る竹ペンはほとんど完成している。問題は竹そのものの素材で、竹ペンには「矢竹」が良いのだが、こちらではまだ「矢竹」は準備できていない。時間をかけてよい素材を探すつもりである。とりあえずそれに変わるものとして「女竹」が手に入るのと、昔からもっていた中国の竹を使って作ることにした。

小鳥笛はここ1ヶ月ほど作ってみた結果「うぐいす笛」と「カッコウ笛」は何とかものになってきた。

Kotoribue3

うぐいす笛は本物のうぐいすになき方をを教えるために昔からあるものだ。吹き方は、両方の竹筒の穴を指でふさぎ「ホー」と吹き「ホ」「ケキョ」のときに竹筒をふさいでいる指を開いて閉じる。同時に舌でたっキングする。上手に吹くと本物のうぐいすよりうぐいすらしく吹くことが出来る。ちょっとした楽器の演奏である。うぐいす笛ではそのほかの小鳥の鳴き方も出来る。

素材はすべてしの竹で、山からとってきて蒸篭に入る寸法に切り1時間ほど蒸して水洗いし、天日で乾燥させる。写真の左上の円形の竹は飾りをかねて持ちやすくしたのと、紐で結んで首からぶら下げやすくしたものだ。作るときの要領は竹の太さと寸法、歌口の穴の大きさと竹の太さのバランスである。吹き口の開口部の大きさと角度、および取り付け位置も出来上がったうぐいす笛の音色を決定づける。今は昔とちがって日本の工業力が進歩しているおかげで竹引きのこぎりなどは安くていいものが簡単に手に入る。昔竹ペンを作っているときには竹をひく専用ののこぎりは市販されていなかったので苦労したものだ。当時、京都で竹を扱っているところでは、柱時計の「ぜんまいを」鍛冶屋で竹ひきののこぎりに目立てしてもらって使っていたようだ。穴を開けるのも今は良いドリルが豊富にある。それでも竹が完全に乾ききってしまうとドリルの刃で竹が割れる。乾ききらないうちに笛の寸法に切断し、穴を開けて整形しておくと良い。完全に乾燥している竹の表皮に穴を開けるには現在でも焼き火箸が一番である。

Kotoribue1

カッコウ笛は本体が真竹、吹き口がしの竹である。竹が太くなるので歌口の穴もそれに見合うようにうぐいす笛よりも大きく開ける。吹き方は左手の平で下の竹筒の穴をふさぎ右手の指で上の竹筒の穴を覆うようにして開いたり閉じたりする。カッコウの鳴き声で「カッ」の時には舌でタッキングする。「コー」で上の竹筒の穴を適度に閉じると良い。自然界の音にもメロディーがありそれなりに音程を整えてやらないとうまくふけない。カッコウ笛では「ふくろう」「土鳩」などの鳴きまねも出来る。

Kotoribue4

バランスよく出来た「カッコウ笛」は「うぐいす笛」よりも吹き方はかんたんである。

Kotoribue5

上は虫笛の試作品である。細いしの竹でつくり微妙にちがう音程の2本を同時に吹くと共鳴して鈴虫などの秋虫の泣き声になる。きれいに共鳴しないとき、片方の先端の穴を指で微妙に閉じて調整し音を共鳴させると良い。

Kotoribue6

これは、竹のオカリナで遊びで作ってみた。ただいま研究中である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

第4回 阿蘇アート&クラフトフェア

A0061

第4回・阿蘇アート&クラフトフェアが阿蘇フォークスクールで開催される。廃校になった木造校舎・旧上色見小学校を拠点にNPO法人阿蘇フォークスクールが設立されて満4年。4回目の開催を迎えたクラフトフェアも今年はすでに70店を超える九州一円のクラフト作家からの出店申し込みがあり、この地でのクラフトフェアが定着した感がある。

今日、午後7時からクラフトフェアに「野菜や特産品」「食事」などの出店者の会合があった。僕も竹細工(小鳥笛・竹ペン・一輪挿し・ペンたてなど)と似顔絵・絵葉書で出店することになったので申し込みに行った。

昨年度のクラフトフェア・3日間で延べ3,000人のお客様が来てくれたそうで、今年は出店者が大幅に増えているところから昨年を上回る来場者が予想される。

第4回 阿蘇アート&クラフトフェア

開催日時 2007年10月6(土)・7(日)・8日(月・祝日) 午前10時~午後5時(最終日は4時)

開催場所 阿蘇フォークスクール(旧上色見小学校跡)

A0062

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月20日 (木)

岩石おばさんとホー 猫の火まつり

Ehon2

創作絵本「岩石おばさんとホー 猫の火まつり」出版発表記者会見と記念パーティーがNPO法人・阿蘇フォークスクールで午後5時から開催された。旧上色見小学校には「南阿蘇えほんのくに」の事務局が置かれていて「絵本の校舎」ともなっている。

漫画界の巨匠・川崎のぼるさんが初めて描いたこの絵本は「高森町に在住の作家・福田章氏が第一回草枕文学賞入選作品「民宿猫岳」を、「えほんのくに誕生祭」を祝って、絵本用に改作。菊陽町に移住した漫画家・川崎のぼる氏が絵本イラストに初挑戦!「いなかっぺ大将」「巨人の星」で見せた大胆かつ精緻な絵が、童話の世界でいそう輝いています。えほんの校舎をモデルにした民宿を営む岩石おばさんと、迷い込んできた不思議な猫ホーとの心温まるふれあい、阿蘇の大自然を守るための「ニャンゲン一致団結」しての野焼き・・・・・。ほのぼのとユーモラスな楽しい絵本です。」(南阿蘇えほんのくに紹介文から転載)

原画枚数 30点 2007年9月14日小学館から発行されて値段は1,785円(消費税込)

A4判 44ページ 左開き 各背上製 かがり綴じ

問い合わせ 小学館 コミックス・アニメ企画室 ☎03-3230-5444

Ehon

午後6時から阿蘇ホークスクール「やまん茶屋」で記念パーティーが開かれ、笑顔で挨拶される川崎のぼるさん。手前左側が原作者の福田章さん。

Ehon3

岩石おばさんのモデルになったTさんと猫のホー。

Ehon4

鳥打帽子がとてもお似合いの川崎のぼるさんと奥さん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

竹ペン 葦ペン

Takepen1

僕の若い時、絵を勉強していたころ、竹ペンを作ってデッサンをしていた。ひょんなことから銀座の伊東屋で販売してくれることになり、けっこう良く売れたので、駿河台下の画材の老舗・文房堂にも扱ってもらい全国の画材店に販売してもらった。僕の作る竹ペンは書き味もよくけっこう評判が良かった。研究してゆくうちに、ひねた矢竹で作る竹ペンが書きやすいこともわかった。矢竹の節のところがペン先になるように作ると書き味の良い竹ペンが出来る。

当時は浅草橋にある筆軸専門店から切りそろえられた筆軸用の矢竹を買ってきて竹ペンを作っていたが、買ってきた矢竹の半分以上が柔らかくて竹ペンを作るのには向かなかった。千葉県は竹の産地なので竹ペンを作る矢竹を探したことがある。土地の釣竿師に当たってみたら、さすがに良い矢竹を沢山持っていた。ひね矢竹を分けてもらって当時作ったのが上の写真の竹ペンである。

Takepen2

矢竹で作った竹ペンの拡大写真。

Takepen3

当時、デッサンに使っていた竹ペン。太い竹ペンは、さらした真竹である。千葉県産の真竹は非常に硬く、竹ペンを作るのに向いていた。銘木屋などでもさらした真竹は売っているが、用途が内装などに使うためすべて「ためなおし」がしてある。竹は山に生えているとまっすぐに見えるが、けっこうくねくねと曲がっている。まっがっていてはインテリア用として使いにくいのでわざわざ「ためなおし」をほどこすのである。「ためなおし」をした真竹で竹ペンを作ると、ちょうどペン先になる部分が「ためなおし」のところになると、墨をつけて描く竹ペンではペン先の左右がずれてきて段違いになりペンとしては使い物にならない。当時は千葉県産の真竹を特別に注文して「ためなおし」をしないなるべく「ひねた」真竹をさらしてもらって買っていた。

Yosipen

Yosipen2

写真は最近作った葦ペンである。ホームセンターで「よしず」を買ってきて、ばらして材料にしている。葦ペンは竹よりもはるかに柔らかいのでたいした道具がなくても作ることが出来る。カッターナイフがあればだ誰でも簡単に作ることが出来る。葦を切るときにペン先になる部分が節の硬いところになるようにのこでひくと良い。葦は柔らかいので「バルサ」材が切れるような目の細かいのこでひかないとうまく切れない。穴を開けるのはドリルや錐ではきれいにあかないので焼き火箸を使うと良い。僕はハンダゴテを使っている。カッターでペン先の割れ目を入れても、どこに割れ目が入っているのか良くわからないので、墨をつけると毛細管現象で割れ目にしみこんでペン先を削るときにもやりやすい。葦の内側はぼそぼそなので紙やすり(240番程度)で丹念に磨いておく。形が整わなくてもペン先の部分さえうまく出来ていれば良いのである。葦ペンは竹ペンとは一味ちがう描き味があり西洋では昔からデッサンの道具として使われてきた。現代も葦ペンを愛用する画家は多く画材店でも買うことが出来る。葦ペンは竹より柔らかいのでペン先がすぐにへたるので自分で作ることが出来なければデッサンの道具として使えないだろう。

Takepen6

僕の愛用する竹ペンは、高級な万年筆よりもデッサンをするのには向いている。万年筆はインクだが、インクは乾いたあとでも水ににじむ。竹ペンでデッサンするときには必ず墨をすって使っている。墨の色はたいそう美しく乾いたあと水彩絵の具をのせてもにじまない。

Takepen5

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年9月18日 (火)

青竹 つるべ 一輪挿し

Turube

昨日は敬老の日で阿蘇では各地で敬老行事があった。久木野村のおじさんも敬老行事に出席し、夕方カラオケに行こうと誘ってくれた。南阿蘇村・旧久木野村の山の中にその店はあった。「笑美」(わらび)という店にはすでに敬老行事に出席した人たちが大勢押しかけていた。店内は満員で酒を酌み交わしながらカラオケに興じていた。久しぶりに歌を歌って酒もかなり飲んだ。行きかえりはお店が送迎してくれるという、いたれりつくせりのサービスだ。

今日は朝暗いうちから目が覚めて、寝付けないので青竹でつるべ一輪挿しをつくってみた。青竹は古来からおめでたいものとされ、お正月の初釜などではわざわざ茶せんも青竹で作ったものを使う。青竹で造った茶せんは1回限りの使用でその役目は終わる。今回作った青竹・つるべ一輪挿しが乾燥してどうなるか、節から割れるか切り口が変形するか予想がつかない。とりあえず1週間ほど陰干しして様子を見ることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月15日 (土)

一輪挿し

Ichirinnzasi

阿蘇アート&クラフトフェアでうぐいす笛・カッコウ笛を制作販売しようと準備中だが、それだけでは物足りないと考えただいま竹での商品を開発中だ。

ためしに一輪挿しを作ってみた。笛よりも手間がかからないし、実用品だから小鳥笛より売れるかも知れない。釘や留め金具でつるすのでは味気がないので、竹でつるす道具をこさえて瞬間接着剤で柱にくっつけてみた。味わいがあって気に入っている。

竹で、オカリナを作ろうと挑戦中だが、楽器は音あわせに手間がかかるのと、竹が乾ききってから造らないと、乾く途中で変形して音程が狂ってしまうと思う。乾いた竹に音階の穴を開けるのは大変なので、竹が生乾きのうつにオカリナの形に整形しておいて乾燥させ、竹が完全に乾いてから調律するのが良いようだ。この方法だとオカリナが出来上がるまでに相当時間がかかる。今回はとても間に合わない。ただいま研究中である。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月13日 (木)

熊本弁

Takesarasi

10月、6・7・8日に阿蘇フォークスクールで開催される、第4回アート&クラフトフェアの準備に追われている今日この頃です。山からとってきた竹をのこでひき、蒸篭で蒸すか釜で煮て、油抜きしたあときれいに洗ってから天日に干して乾かす。竹のさらしは手間のかかる作業である。竹を切る時期はまだ早いのですが、クラフトフェアに間に合わせるためには致し方ない。

東京から熊本に引っ越してきて一番困っていることは「言葉」である。土地の人が話している熊本弁がわからないのです。話の内容はおおむねわかっても結末が良くわからない。田舎では東京とちがって、やれ草刈だの野焼きだのと隣組みなどでの共同作業にかり出されることが多く、そのあとは決まって飲み会となる。そんな会合で土地の人たちが話している熊本弁がほとんどわからない。わからないから僕は無口になる。もともと酒も強いほうではないので共同作業などのあとの飲み会は僕にとっては退屈極まりない。早く熊本弁を勉強しろというが、英語なら辞書もあれば教科書もある。熊本弁の辞書や教科書がどこにあるというのか、勉強の方法がない。まあ時間をかけて慣れるしかないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 9日 (日)

根子岳コンサート

Nekodakekon1

9月9日・12時より・廃校になった旧上色見小学校・木造校舎の芝生ステージで根子岳を背景に、第2回根子岳コンサートが開催された。昨年は雨のため敷地内にある体育館での開催となったが、今日は天候にも恵まれ青空の下でのコンサートとなった。

出演は・ぶな(熊本)・ビーズム(熊本)・FFB(高森)・ザ・ヒート(菊池)4組でそれぞれ、フォーク・ロック・弾き語りと、いつもは静かな阿蘇フォークスクールだが、今日はにぎやかな1日となった。

ザ・ヒート(菊池)は、NHKの「熱血親父バトル」という番組で決勝大会に選ばれた8組に入ったそうで、10月5日・福岡で収録される全国大会の取材のため、NHK福岡と熊本のTKUの取材もあり盛り上がったコンサートになった。

Nekodakekon4

ビーズムの演奏

Nekodakekon3

地元・高森のFFBの演奏

Nekodakekon2

熱演する、ザ・ヒート(菊池)

Nekodakekon

NHK福岡の取材協力で、ザ・ヒートを送り出すシーンの撮影に協力する観客。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

うぐいす笛・カッコウ笛

Uguisufue2

ここんとこ、うぐいす笛・カッコウ笛つくりに熱中している。いろいろ試作品を作ってみてよい音色が出る笛つくりのことが少しわかってきた。

写真の後ろの笛がカッコウ笛・真ん中がうぐいす笛・下が虫笛である。カッコウ笛とうぐいす笛はほぼ造り方がわかってきたが、虫笛はただいま研究中だ。

竹の肌色が悪いのはまだ乾燥していないからだ。山から竹を切ってきてまずやらなければならないことは「油抜き」である。竹の油抜きの方法はいろいろあるが僕は手っ取り早く釜で煮ている。釜で煮た後、陰干ししてゆっくり乾燥させる。

完全に乾ききった竹は細工するのに硬過ぎて骨が折れるので、乾ききらないうちにのこぎりで笛の寸法に切り、ドリルで穴を開けておく。しかし乾燥が進むと変形する恐れがある。

現在使用している竹は、しのだけ、はちく、まだけである。それぞれに特徴がありいろいろ試しているところだ。きれいにさらされた竹の肌はたいそう美しいものです。ネットで調べると、小鳥笛などの擬音楽器は種類も多く値段もピンキリであり、2~3百円程度のものから数千円~数万円もするものまでさまざまだ。

阿蘇フォークスクールのアート&クラフトフェアの出展に備え、準備に追われている今日この頃である。

Uguisufue3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

坂本てつし・国政報告会

Takamorityoukouennkai

先の参議院選挙と同日行われた熊本3区衆議院補選で当選した坂本てつし衆議院議員の国政報告会が高森町坂本てつし後援会主催で開催された。

熊本県議・堤泰宏さん、高森町長・藤本正一さんらの来賓を向かえ高森町林業センターに大勢の後援会の皆さんに補選でのお礼を述べた坂本てつし議員は、「熊本県や高森町と協力しあいながら、中央と地方の格差是正に取り組みたい。先の台風5号の翌日、被害が出た草壁・野尻地区にお見舞いに行ったが、ほとんどがお年寄りばかりの世帯で、後片付けをする若者も・救援に来てくれる消防団もおらず、中山間地域で農林業に携わっておられる方々の現状を見せてもらった。現場をよく見せてもらい実態をよく把握して、国政の場に生かしてゆきたい。」と、熊日の記者出身である衆議院議員らしい国政報告会をされた。

さらに、「現在は自民党無所属会派に属しているが、自民党熊本県連に入党が認められれば、自民党議員として国政の場で仕事をさせていただくことを承認していただきたい」と、補選のあと熊本県連に自民党への入党届けを提出したが受理してもらえなかった経緯について報告された。

国政の場では決算行政委員会の理事に任命され、9月10日から始まる臨時国会に臨むべく9日に上京されるそうだ。国政報告会のあと、坂本てつし衆議院議員をかこむ会が催され高森町後援会の皆さんと和やかに歓談された。

Takamorityoukouennkai2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

うぐいす笛・カッコウ笛

Uduisufue

来月、10月6・7・8日、阿蘇フォークスクール(上色見小学校跡)で第4回阿蘇アート&クラフトフェアが開催される。2004年、廃校になった上色見小学校を何とか残せないものかと、地元住民や地元在住のクラフト作家たちの呼びかけで阿蘇フォークスクールが設立された。設立から4年、毎年クラフトフェアが開催され、昨年度は九州一円から48名の作家の出展があり、開催期間中延べ3000名のお客様があったそうだ。今年もすでに昨年を上回る出展申し込みがあり、阿蘇アート&クラフトフェアはこの地に定着した感がある。

僕も今年のクラフトフェアに参加しようと、現在準備中である。とりあえず「絵葉書」と「似顔絵」を、と考えている。しかし、絵葉書と似顔絵じゃなんか代わり映えがしないような気もするので、「うぐいす笛」と「カッコウ笛」を作って出店しようと考えている。出来れば来場者にも会場で造ってもらいお客様参が参加できるようにしようと考えている。

竹細工は竹の調達にけっこう手がかかる。竹はどこにでも生えているが竹細工に使えるようにするまでが、手間がかかるのである。竹を切る時期、さらし、乾燥などまともにやれば今年は間に合わないので、とりあえずだましだましやってみることにした。

第4回 阿蘇アート&クラフトフェア

開催日時 2007年10月6日(土)・・・・・・・・10時~17時
              7日(日)・・・・・・・・・10時~17時
              8日(月・体育の日)10時~16時

開催場所 阿蘇フォークスクール

〒869-1601 熊本県阿蘇郡高森町上色見1390-1(旧上色見小学校)☎ 0967-62-0027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

八朔祭

Hassakumaturi2

「海賊・山都に上陸」下市連合

山都町・旧矢部町では、毎年9月の第一土曜・日曜日に八朔祭りが開催される。宝暦8年(1758年)田の神に感謝し、収穫の目安を立てる日とされる八朔(旧暦8月1日)の日に始まった「八朔祭」は、豊作祈願の祭りとしてこの地に代々受け継がれてきた。

主役のの「大造り物」は、竹・杉・ススキ・松かさなどの自然の素材を使い、町内の各連合会が技術を競い合いながら造り上げるものだそうで、その年の世相風潮や庶民の願望などを上品なしゃれを交えて表現するのが特徴だそうである。

今日は、高森町からお年寄り同行の見物だったため、祭りの期間中・一般車が通行止めになるので、午前中に通潤橋の放水と「大造り物」を見物に出かけた。

今年の大造り物は11基だそうで街角に飾られていたが、まだ祭りが始まる前で準備に追われていたため全部を見ることは出来なかった。

Hassakumaturi3

「キングコング」浦川連合

Hassakumaturi4

「竜」仲町下連合

Hassakumaturi1

「竜」大川町連合

いずれも手のこんだ巨大な造り物である。明日午後1時から町内を引き回し通潤橋前に展示されるそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通潤橋

Tuujyunkyou

平成17年2月11日、旧矢部町・清和村・蘇陽町が合併し山都(やまと)町が誕生した。旧矢部町に通潤橋がある。国指定重要文化財の通潤橋はポンプやモーターなどない時代に水不足の高台に農業用水などを引くための石造アーチ式水道橋である。建設から150年余、今なお現役で暮らしをつなぐ生命線となっている。

建設主は総庄屋・布田保之助、建設に携わったのは丈八(後の橋本勘五郎)ら肥後の石工たち。通潤橋での業績を認められた橋本勘五郎はのちに明治政府に招かれて皇居二重橋や万世橋などを手がけている。

通潤橋の放水は、管内に沈殿した土砂を流出させ、水の流れをスムーズにするのが目的で、大量の水を放出するので農業に支障のある時期は出来ないそうだ。今日は旧矢部町の八朔祭りで通潤橋の放水が行われた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »