« ユウスゲ | トップページ | カワラナデシコ »

2007年8月 9日 (木)

南阿蘇鉄道・トロッコ列車

Dsc_4072s

阿蘇高原を走る・トロッコ列車・ユウスゲ号

Dsc_4100s

高森駅のトロッコ列車

Dsc_4102s

夏休み期間中は子供たちで満員

立野駅から高森を結ぶ国鉄高森線が開通したのは昭和3年。昭和61年に「南阿蘇鉄道」に継承され、この年の夏からトロッコ列車の運行をはじめた。

路線距離は17.7Kmで、阿蘇五岳と南外輪山のほぼ中央を白川に沿って走る。通常運行のレールバスは、高森~立野間を約30分で行くが、トロッコ列車は倍の1時間、時速25Kmで走り、ビューポイントでは徐行運転で周囲の景色を楽しめる。

最大の見所はトンネルとトンネルの間にある第一白川橋梁で、ゆっくり進む車窓から約60m下の白川を見下ろすスリルが味わえる。

Dsc_4216s

白川第一橋梁

詳細については「田舎の絵描きHP」

http://ekaki.ina-ka.com/torokko.html

を参照してください。

|

« ユウスゲ | トップページ | カワラナデシコ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいですねえ。水田のあいだをゆくトロッコ列車。駅のひとつひとつがメルヘンですね。
古い長陽駅の駅舎もいいです。

わたしは知る人ぞ知る、鉄道愛好家ですんで、あっちこっちでいろんな鉄道に乗っています。
印象に残っているのは若いころ、北海道で乗ったローカル線です。このローカル線は現在は廃線になってしまったのですが、わたしが写真を撮りたいというと、車掌がどうぞといって運転席に入れてくれました。ノンキな時代だったんですね。
ほかにも、渓谷をゆく会津鉄道や、岩手県の遠野を走る銀河鉄道あたりに楽しい思い出があります。
銀河鉄道というのは宮沢賢治の童話からとった名前だそうですけど、私がこれに乗ったときは、わたしはいちばん前の運転席が見える場所に座っていたんですが、列車がとちゅうの田んぼの中で止まってしまいました。
なんだろうと運転席をながめると、車掌がなにかしきりに電話しています。まもなく車内放送があって、停車するはずの駅を通りすぎてしまったので、つぎの駅にタクシーを用意しましたというんですよね。いかにも童話の国の鉄道だなって、わたしはニヤニヤ。
いつか機会があったら、ぜひ高森町のトロッコ列車にも乗ってみたいです。

投稿: 酔いどれ李白 | 2007年8月10日 (金) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南阿蘇鉄道・トロッコ列車:

« ユウスゲ | トップページ | カワラナデシコ »