2017年6月19日 (月)

六本調子獅子笛

Dscn4004


六本調子獅子笛・20本+2本 できあがりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

六本調子獅子笛

Dscn3986
いそぎの仕事が入ったので、菊池の<M>三に手伝いに来てもらいました。
群馬県の獅子笛20本。見通しがつきました。


Dscn3994


Dscn3998

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

阿蘇に帰りました

駒ヶ根クラフトフェア 2日間とも好天に恵まれてありがとさ~ん♪今日 昼すぎ阿蘇に帰りました♪

Dsc_1284


Dsc_1288


Dsc_1292


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

夕食

18767529_749254018578035_7084329341
ただいま駒ヶ根に滞在しています。今日の夕食。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

立山から駒ヶ根

Dscn3867

立山クラフト、アルカイック工房では、小鳥笛を作るワークショップが盛況でした。2日間で150人以上の子供たちがウグイス笛作りにチャレンジしました。NHKtv富山の昼の放送でアルカイック工房のウグイス笛が紹介されました。ありがとうございました。

立山クラフト終了後、神岡・安房峠・権兵衛トンネル経由で駒ヶ根に来ました。道中、新穂高手前の槍ヶ岳が見えるポイントで西穂高、槍ヶ岳を撮影し、安房峠では乗鞍、穂高釣り尾根を撮影しましたがもやがかかっていました。今週末の駒ヶ根くらふてぃあ杜の市に出展して熊本に帰ります。

Dscn3869


Dscn3935


Dscn3951


Dscn3956


Dscn3965

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

リコーダー式篠笛

クラフトフェア飯田終了後も信州高森町天白公園に滞在して、リコーダー式篠笛を作りました。瑠璃寺・獅子舞保存育成会様の分10本、六本調子獅子笛2本、その他リコーダー式3本、できあがりました。今日午後納品します。明日、信州から富山立山町に向かいます。今度の土日は立山クラフトです。

Dscn3861


Dscn3858


Dscn3855

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

クラフトフェア飯田

18581972_743867295783374_7375694600
クラフトフェア飯田 信州飯田市 かざこし子供の森公園で開催された クラフトフェア飯田は無事終了しました。2日間ともとても暑いクラフトフェアとなりました。クラフトフェア終了後も木曜日まで信州に滞在して、笛を作っています。

18581715_743867365783367_4296216906


18527601_743867482450022_4545372911


18557244_743867542450016_7364674568

Dscn3855


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

信州高森町

Dscn3839


Dscn3843
北岳・間の岳・農鳥岳

Dscn3844
塩見岳・上河内岳

Dscn3845
荒川三山・赤石岳・ここから聖岳は見えません

Dscn3849


Dscn3853


Dscn3749


Dscn3751001

昨日、信州高森町、南アルプスを一望できる「天白公園」に到着しました。信州高森町と阿蘇高森町は姉妹都市。季候もにていてバンブーもここがお気に入りです。役場で公園使用手続きを済ませ、飯田クラフトフェアを挟んだ11日間ここに滞在して、ウグイス笛や篠笛を作ります。ここはリンゴの花も終わっていました。画像は道中、三陸で撮影したリンゴの花です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

金津創作の森 森のアートフェスタ

Dsc_1216


Dsc_1213


Dsc_1206


金津 創作の森 アートフェスタ 一日目は雨でしたが、二日目は天候も回復し大勢のお客さまがご来場下さっていました。中仙道馬籠宿を見て飯田に向かいます。

Dsc_1252


Dsc_1228


Dsc_1235


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

大野市「笛資料館」

Dscn3819


Dscn3812


Dscn3813


Dscn3814


Dscn3815


Dscn3816

福井県大野市朝日 道の駅九頭竜湖の山側に「笛資料館」はひっそりとたたずんでいました。

「平安末期、平治へいじの乱に破れた源義平みなもとのよしひらは、再起をはかるために朝日の里に落ち延び、里の娘「おみつ」に出逢いました。二人は平穏な生活を送っていましたが、父の死を機に京へ上ることを決意した義平よしひらは、おみつに一本の横笛を遺のこしました。
 その笛が「青葉あおばの笛」として今に伝えられています。
当館には、青葉あおばの笛のレプリカをはじめ、篠笛しのぶえ、能管のうかん、竜笛りゅうてきや、縄文・弥生時代の土笛つちぶえなど数多くの笛が展示されています。」大野市HP

今日はいいもの見せていただきました。学芸員「朝日順子」さんは篠笛の演奏がとても上手な上品な方で、笛作りの指導もされているとのことでした。

岐阜県可児市の山寺で笛を作っていらっしゃる田中敏長さんの笛が手にとって見れるように展示してありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

武蔵境駅前

Dscn3779


Dscn3784


Dscn3788


Dscn3790


Dscn3793


Dscn3794

昨日は国道六号線経由で東京方面に向かい、途中、鶴瀬の友人宅に立ち寄って、今日武蔵野に到着しました。武蔵境駅前は中央線の複々線工事が完了してすっかりきれいな駅に変わっていました。駅前の居酒屋で友人たちが宴席をもうけてくれて、昔話に花が咲き楽しいひと時を過ごしました。道中の交通安全と商売繁盛・家内安全を祈願した、東伏見稲荷神社のありがたいお札もいただきました。皆さんありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

帰還困難地区

Dscn3776

Dscn3778001

松島海岸から仙台経由で国道6号線を南下して東京方面に向かう道中、双葉町・大熊町は福島第一原子力発電所のメルトダウンで帰還困難地域に指定されていて、国道6号線は通行できますが、右にも左にも曲がることができない状態です。六号線沿いはガソリンスタンドやコンビニ、ホームセンターなど廃墟と化して、まるでゴーストタウンです。三陸沿岸部の津波の被害もさることながら、原発災害で帰還困難地域に指定された地域は人影もなく、田畑も耕作放棄されていて、異様な光景が続いていました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の一本松

Dscn3757


Dscn3762


Dscn3766


Dscn3768


奇跡の一本松 陸前高田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

浄土ヶ浜

Dscn3724


Dscn3714


Dscn3717


Dscn3721


Dscn3713


Dscn3725


宮古 浄土ヶ浜 三陸海岸をゆっくり南下して東京に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土沢アートクラフトフェア2017

Dsc_1201_2


Dsc_1202


Dsc_1204_2


Dsc_1209

花巻 土沢アートクラフトフェア2017 萬鉄五郎記念美術館前の会場です。2日間天候にも恵まれ無事終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

竜泉洞

龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つとされ、また洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されています。 洞内総延長は知られている所で3,600mで、そのうち700mが公開中。 見つかっている地底湖は8つで、そのうち3つが公開中。 現在も調査が継続中だそうです。第3地底湖は水深98m・透明度は世界有数だそうで「ドラゴンブルー」呼ばれているのだそうです。

昨年8月台風10号豪雨で浸水被害に遭って閉鎖していた岩手県岩泉町の鍾乳洞「龍泉洞」が19日、約7カ月ぶりに営業を再開した。約1500人が入場。ドラゴンブルーと呼ばれる青く澄んだ地底湖や鍾乳石の連なりが観光客を迎え、洞内に歓声が響いた。(河北新報)

Dscn3626


Dscn3636


Dscn3638


Dscn3645


Dscn3648


Dscn3655





Dscn3660


Dscn3657


Dscn3670


Dscn3672


Dscn3689

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東野は桜満開

遠野はさくら満開です。

Dscn3624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

中尊寺金色堂

Dscn3579

群馬から国道50号線~4号線を経由して平泉までやってきました。中尊寺金色堂を見学して、今日はこのあたりで車中泊します。


Dscn3580


Dscn3581


Dscn3582


Dscn3589

Dscn3590_2


Dscn3595_2


Dscn3599_2


Dscn3604_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

ららん藤岡春のクラフトフェア

道の駅ららん藤岡春のクラフトフェア準備ができました。遊びに来てください。今日は午後4時ごろから急に雷がなって突風が吹きクラフトフェアは中止となりました。明日は天候も回復しますので…遊びに来てください。

Dsc_1104


Dsc_1101


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

致道博物館(鶴岡市)

Dscn3560_2

今日は午前中、庄内竿師「朝香」さんのご案内で、致道博物館を見学しました。
江戸時代後期から現代までの庄内竿の名竿がたくさん展示してありました。江戸時代の庄内藩士は長さ四間以上もある庄内竿(のべ竿)で地磯から二尺以上の赤鯛(マダイ)を釣り上げたそうで、釣り上げた赤鯛の魚拓がたくさん展示してありました。昔の日本海は魚影が濃かったようです。


Dscn3561_2


Dscn3562_2


Dscn3564_2


Dscn3567_2


Dscn3568_2


Dscn3573_3


Dscn3575_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

庄内竿

Dscn3558

今日は午後から鶴岡市内で唯一庄内竿を作っている竿師さん「朝香」さんの工房を訪問して、いいもの見せていただきました。

「庄内地方で苦竹と呼ばれる竹(メダケ属の一種と推定されている)を用いて作られ、主に4年物の竹が根付きのまま使われる。紀州竿や江戸和竿のような継ぎ竿ではなく延竿(一本竿)で、元調子または胴調子のものが多い。長さは5尺(1.5m)から4間(7.2m)を超えるものまで多様である。
他の和竿とは異なり、竹の皮を剥かず、糸を巻かず、漆を塗らず、単に燻して磨く作業を繰り返して作られるため、竹の採取から完成まで5年程かかる。」

「名竿は名刀より得難し、子孫はこれを粗末に取り扱うべからず」竿を刀と同等に扱っていたことが伺える。

庄内藩では藩士の磯釣りを「釣道」として奨励し、磯釣りを「勝負」と称する程であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

月山・鳥海山

Dscn3545

鶴岡クラフトフェアも無事終了しました。今日の鶴岡はよく晴れて、月山・鳥海山がよく見えました。鶴岡クラフトフェアで、酒田市の神楽保存会からリコーダー式神楽笛の注文をいただきましたので、今週は鶴岡に滞在して笛を仕上げます。


Dscn3550


Dscn3555

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

鶴岡クラフトフェア

Dscn3532
第3回 鶴岡クラフトフェアin小真木原 心配された天候も回復し、満開の桜の下での開催となりました。少し寒いけど大勢のお客様がご来場くださっています。明日午後4時までの開催です。


Dscn3533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第17回・群馬の森クラフトフェア