2017年4月26日 (水)

致道博物館(鶴岡市)

Dscn3560_2

今日は午前中、庄内竿師「朝香」さんのご案内で、致道博物館を見学しました。
江戸時代後期から現代までの庄内竿の名竿がたくさん展示してありました。江戸時代の庄内藩士は長さ四間以上もある庄内竿(のべ竿)で地磯から二尺以上の赤鯛(マダイ)を釣り上げたそうで、釣り上げた赤鯛の魚拓がたくさん展示してありました。昔の日本海は魚影が濃かったようです。


Dscn3561_2


Dscn3562_2


Dscn3564_2


Dscn3567_2


Dscn3568_2


Dscn3573_3


Dscn3575_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

庄内竿

Dscn3558

今日は午後から鶴岡市内で唯一庄内竿を作っている竿師さん「朝香」さんの工房を訪問して、いいもの見せていただきました。

「庄内地方で苦竹と呼ばれる竹(メダケ属の一種と推定されている)を用いて作られ、主に4年物の竹が根付きのまま使われる。紀州竿や江戸和竿のような継ぎ竿ではなく延竿(一本竿)で、元調子または胴調子のものが多い。長さは5尺(1.5m)から4間(7.2m)を超えるものまで多様である。
他の和竿とは異なり、竹の皮を剥かず、糸を巻かず、漆を塗らず、単に燻して磨く作業を繰り返して作られるため、竹の採取から完成まで5年程かかる。」

「名竿は名刀より得難し、子孫はこれを粗末に取り扱うべからず」竿を刀と同等に扱っていたことが伺える。

庄内藩では藩士の磯釣りを「釣道」として奨励し、磯釣りを「勝負」と称する程であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

月山・鳥海山

Dscn3545

鶴岡クラフトフェアも無事終了しました。今日の鶴岡はよく晴れて、月山・鳥海山がよく見えました。鶴岡クラフトフェアで、酒田市の神楽保存会からリコーダー式神楽笛の注文をいただきましたので、今週は鶴岡に滞在して笛を仕上げます。


Dscn3550


Dscn3555

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

鶴岡クラフトフェア

Dscn3532
第3回 鶴岡クラフトフェアin小真木原 心配された天候も回復し、満開の桜の下での開催となりました。少し寒いけど大勢のお客様がご来場くださっています。明日午後4時までの開催です。


Dscn3533

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

第17回・群馬の森クラフトフェア

Dscn3522001


Dscn3524001


Dscn3523001


第17回 群馬の森クラフトフェア1日目が始まりました。高崎市・群馬の森公園で明日午後4時までの開催です。東京方面から車で来るには、藤岡インターを降りて10分ほどで会場に着きます。今日は朝からよく晴れて暖かく気持ちのいい天気です。遊びに来てください。アルカイック工房はBゾーン8番んでの出店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

阿蘇たかもり春のアート&クラフトフェア

Tac2017


2017年4月1~2日 高森町民体育館で「阿蘇たかもり春のアート&クラフトフェア」が開催されます。初日は午前10時から午後5時、2日目は午前10時から午後4時までの開催となります。

熊本地震で熊本方面から阿蘇への主要道路が寸断されましたが、昨年末、俵山トンネルルートが暫定開通しましたので、南阿蘇方面への通行は大幅に改善されました。暫定ルートのため、急カーブが多いので気おつけておいでください。

熊本方面から高森へは、産交バス・4便・宮交・一便が、熊本駅から熊本空港経由で、1日5往復運行されています。熊本駅から2時間弱で高森に来ることができます。

開催当日には桜は咲かないと思いますが、早春の高森へ遊びに来てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

神話伝承 SAITO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«訪問者